卒業式 2014

3月19日、次女が無事に小学校を卒業しました。

d0277856_23583471.jpg


たまには、リアルタイムの記事をね…

次女の通う小学校では、ほとんどの生徒が、地元の中学校へ進学します。
地元以外の中学校へ進学するのは、次女を含め3名のみ。

最近の次女は、「早く中学生になりたーい!!」とよく叫んでいます。
苛酷な受験から解放され、新しい世界に期待をふくらませている様子。
姉と同じ中学校へ進学するので、知り合いは誰もいなくても、安心感があるのでしょう。

私自身も、横須賀から横浜の中学校に進学する際、寂しさは微塵もなく、とにかく期待でいっぱいでした。
小学校の卒業式は、晴れ晴れとした気持ちで迎えたのも覚えています。

3年前の長女の時は、田舎から東京の中学校へ進学することに、長女自身は不安の方が大きかったと思うんです。
今まで電車にろくに乗ったことないのに毎日電車通学できるのか、叔母宅で迷惑かけないか、新しい友達はできるかしら、栃木弁で馬鹿にされないか…、送り出す私も心配なことばかり(。>д<)
しかも、あの震災の直後だったんです。。。

卒業式を中止にする学校が多い中、なんとか開催された3年前の卒業式。
式の進行中、余震もありました。
大きな揺れもあったのに、卒業生のみならず、1年生はじめ在校生もみな、誰も大きな声を出したり、動揺することなく、立派な態度で臨んでいたんです。
卒業式の厳かな雰囲気を乱すことなく、その立派な態度に感心しました。

今年も泣いちゃいましたm(。≧Д≦。)m

卒業式は、子どもの成長を実感する節目ですね~

長女も中学校を卒業したのですが、中高一貫校なので、親の出番はなく、あっさり終わったようです(^_^;)
全員そのまま同じ高校に進学するので、当然涙もないわけで…
一応、卒業アルバムはもらってきましたけどね…

別れと出会いの季節ですね~

いい春を迎えられますように(*´∀`)
[PR]
by tsuka-leea | 2014-03-22 23:19 | 子どものこと

仕事をしながら、育児をしながら、家事をしながら、自分のことも大切にしたい。日々の生活にキらりと光る輝きを模索しています。


by tsukari