タグ:中学受験 ( 13 ) タグの人気記事

特訓スタート!

こんにちは~

日中は汗ばむ日もありますが、朝晩はずいぶんと涼しくなりましたね~

さて、ここのところ、ゆずもの記事ばかりでしたが、私、もちろんそれ以外の仕事等もやっております(^_^;)

9月に入り、俄然深刻になってきたのが、三女の中学受験です・・・
夏休みは夏期講習で塾に朝9時から18時まで缶詰になってがんばってました。
算数合宿にもいってきました。
主人と夏休みの学習予定を立て、全部クリアしました。
苦手な社会の問題集も2冊終わらせました。

夏休みの最終日、8月31日に四谷大塚の組分けテストを受験しました。
頑張った夏休みの成果を出ることを期待して。。。

・・・しかし、全然成績が上がらない(>_<)
三女もそれなりに勉強はしていたので、ショック、ショック、ショック・・・
勉強やったつもりで、点数には結びついていないパターンでしょうか・・・

姉二人の通う中学校が志望校なのですが、道のりはかなりキビシイです。
残り5か月、親も全力でサポートせねば!

d0277856_1332438.jpg


娘の通う塾では、9月から土日特訓がはじまりました。
大手塾では、志望校別のクラス編成となるようですが、宇都宮では生徒数が多くないので、ざっくりと2クラス編成です。

これで塾のある日は、週に5日。
ってことは、塾弁も週に5回。
塾弁タイムが、塾でのリラックス時間になるよう、塾弁作りに励みます!

娘よ、ともにガンバロウ☆
[PR]
by tsuka-leea | 2014-09-14 22:22 | 子どものこと

雪、雪、雪!

今日は、一段と寒かったですね~

ここ茂木町では、今シーズンはじめて雪が降りました。

d0277856_17353058.jpg


自宅前の写真です。
雪化粧した城山です♪

子どもたちは、1年振りの雪におおはしゃぎ(*^▽^)/★*☆♪

しかも、明日は2時間遅れの登校となり、なおのこと喜んでいます(^-^;

車を運転する側としては、路面凍結が心配…

明日も中学入試という方もたくさんいらっしゃると思うので、交通機関に影響ありませんように…

ふた昔前の私の受験では、前日の1月31日が大雪で、交通機関に大きな乱れはなかったものの、私は長靴はいて受験会場に向かいました。

入学してから聞いたのですが、雪かきしていた中学校の先生方が、「"滑る""転ぶ"という言葉を使わないように、気を遣った」とおっしゃっていました。

あともう少し、いつも通りの実力を発揮できますように…

がんばれー(@^^)/~~~
[PR]
by tsuka-leea | 2014-02-04 17:33 | 日々のこと

おかげさまで

こんにちは(^^)

ようやく、モヤモヤしていた胸のつかえがおりたところです。

2月1日に次女の第一志望の入試があり、2月2日が合格発表でした。


おかげさまで、合格を頂きました。


応援して下さった皆様、心配して下さった皆様、あたたかいお心遣いを頂き、ありがとうございました。

昨年の2月1日の記事はこちらです。 → 

3年前の長女の受験の時は、入試が終わった2月1日の夜は、全然眠れませんでした。
子どもを産んでからというもの、すっかり寝つきのよくなった私にしては、かなり久々に眠れぬ夜を過ごしました。

というのは、長女に試験の様子を聞いても、明確な返答がなく、できたのかできていないのかはおろか、とにかく何もわからないのが不安で不安でなりませんでした。

入試問題の開示は学校によってさまざまで、保護者控室に問題用紙を掲示したり、中には問題用紙を持ち帰ることができる学校があります。
長女たちが受験した学校は一切開示しないので、どんな問題が出たのかもわからず、長女が何もいわないってことは、全然できなかったのでは・・・と不安は募るばかり。

面接では、まず最初に調査書の家族欄を見て、面接官の先生から「9人の大家族でうまくやっていく秘訣は何ですか?」と私に問われ、想定外の質問にびっくりしたり・・・

そして、今回。
次女は、塾では長女よりは良い成績をとっていました。
本番の入試についても、具体的にこんな問題が出たと教えてくれました。
が、聞いていると、それはサービス問題でしょ?という簡単な問題を間違えていました・・・
それも、1問2問ではない様子・・・
やはり、本番でもうっかりミス連発か・・・
本人の手応えも、あまりよくないみたい・・・
うーーん、大丈夫か???

一方、面接では最初に受験生が、受験番号と名前と小学校名をいいます。
「おー、〇〇さん、元気があっていいですね」とお褒めの言葉を頂き、本人も少し安心したよう。
そして、「中3にお姉さんがいるので、本校のことはよくご存じですよね」と、難しいことは何も聞かれませんでした。
通知表の写しを提出してあるのですが、その特記事項を見て、「〇〇さんは、足が速いんですか? 陸上で県大会出場とありますね?」と、次女の得意分野に話を振って下さり、次女も答えやすかったみたい。
私には何の質問もなく、拍子抜けするくらい、終始和やかな雰囲気でした。

そうそう、面接の控え室は、長女の3年4組の教室だったんです!
長女が在学生というのは、精神的にかなりのアドバンテージになりました。

もし、2月1日入試の結果が残念なら、まだ入試は続くのですが、この日の夜は勉強もせずにのんびり過ごしました。
次女も緊張で疲れたのもあって、眠れていた様子。
朝は、私も次女も5時に目が覚めちゃいましたが(^_^;)

2日の9時に、合格発表です。
校内に掲示されます。
5分前に到着したら、もうかなりの人数が待っていました。

番号を見つけ、よかった~(*^^)v

長女の時は泣いてしまいましたが、今回は意外と冷静でいられました。
次女も、やりきったという確信があったのか、涙はありませんでした。


合格した番号をよくみて見ると、1番はありません。
以前1番は受からないジンクスがあると書きましたが、、、当たっちゃいました。

1番から100番までで、合格していたのは44人。
この若い番号の受験生は、きっと第一志望で、朝早くから出願に並ぶほど、思い入れが強いはず。
それでも、合格率は44%、半分に届きません。

出願者数は昨年より増え、今回の倍率は3.3倍です。

合格者の数より、残念ながら合格できない人の方が多いという現実。

中学受験では、一般的に、第一志望に入れるのは、3人に1人といわれています。
みんな頑張っているのに、厳しい現実です。

4年生からはじまった中学受験。
こうして笑顔で締めくくることができたことに、支えて下さった皆様に感謝です。
ありがとうございました。

入学手続きや、制服の採寸等を終え、東京から自宅に帰ってきたら、


d0277856_10541238.jpg



主人と三女と長男が、用意してくれていました!
写真ではわかりにくいけど、”合格”の文字は金色です!


でも、我が家には、喜んでばかりいられない問題があるのです・・・
うちは、次女と三女は年子。
三女は5年生です。

そう、次女の受験が終わった瞬間、三女が受験生になるんです。
明日の塾の授業から、新6年生としてスタートします。
しかも来年の受験は、7年に一度のサンデーショックの年にあたるんです。。。

そして、3年後には長女の大学受験、4年後には長男の中学受験が控えております。

あぁぁぁーーー、受験から解放されるのは、いつのことやら(>_<)
[PR]
by tsuka-leea | 2014-02-03 12:25 | 子どものこと
毎年、この季節になると、気がかりなのは、インフルエンザですよね~
今年は、ノロウィルスも何だか心配ですよね~

受験生のいるお宅は、特に警戒していらっしゃることでしょう。

子供たちの通う小学校では、今週から”緑茶”とマスクを持参することに。
あたたかい緑茶で、うがいをするそうです。
マスクは例年通りの対策ですが、緑茶うがいは初めてです。
風邪・インフルの予防に効果あるといいなぁ。

我が家では、特別な対策はしていないのですが、毎年、予防接種は受けています。
ここ茂木町は、ありがたいことに、中学生までの予防接種代(1回分)を町が負担してくれるんです。
4人の子供がいる我が家としては、なんてありがたい!

受験生の次女は、2回接種しました。

5年生の三女は、「やだ、受けたくない!! 絶対インフルにはかからないから大丈夫だし、どうせ注射してもかかるかもしれないんだから。」と頑なに拒否していました。
「もし、あなたから、お姉ちゃんにうつったらどうするの? あなたのせいで受験できなくなったら、どうやって責任取るの? 予防接種してあれば、しょうがないって思えるけど、何の対策もしなかったら、すべてあなたの責任になっちゃうよ。」とプレッシャーかけたら、「わかった、、受けます。。」と、おとなしく一緒に病院へ。

地元では、いまのところ流行してないし、なんとか2月まで大丈夫かなぁと思っていたら、、、


先週の話ですが、なんと、主人から、、、



「すごく悪寒がする・・・」という電話。



・・・・・イヤな予感(-"-)



同居している家族の中で、主人だけ、予防接種受けていないんです。
「今年は受験生がいるから、必ず受けてください」とお願いしておいたにもかかわらず!
発熱した前々日に、母校の剣道寒稽古に参加するため、横浜にいっているんです。
これが、あやしい(-_-)

熱を計ると、38.5℃以上あります。。。
翌日、検査したら、インフルエンザA型と判明。


もう、だから、注射受けてくださいっていったでしょ!!
さあ、受験直前の次女にうつったら、どう責任とってもらいましょう、、、ねぇ?


本人も相当恐縮しており、反省していた様子。
子どもたちとは一切接触を断ち、気の毒なくらい完璧な隔離生活を送っていました。
私は、それなりに食事の用意などのお世話はしましたよ~

私は、基本的に丈夫なんです。
よく子供からインフルうつされ、一家全員で寝込む、、なんて話も聞きますが、母親歴15年の私は、子どもから一度も病気をうつされたことありません。

おかげさまで、1週間過ぎても、誰も発症することなく、無事に過ごしております。
主人は、病み上がりで願書提出にいってくれました。

ただ、次女のクラスでインフル出ました!
うーーん、まだまだ気は抜けない(>_<)

某お嬢様学校のHPの募集要項のページには、”インフルエンザに罹患している生徒は受験できません”と赤字で目立つように書いてあるんです。
きっと過去に、無理をおして受験して、周りの受験生にうつしてしまったというような事故があったのかな・・・と。

別室受験で対応して下さる学校もあるようですが、とにもかくにも、おそろしいインフルエンザ。

体調を整えるために、1月はほとんど小学校を休むという方もいらっしゃるようですが。。。

受験生を心配する親は、みな同じ。
みんな、万全の態勢で、本番を迎えられますように・・・
[PR]
by tsuka-leea | 2014-01-24 09:58 | 子どものこと

2月1日に向けて

第一志望の学校に願書を提出してきました。

本番まで、あと10日です。

出願方法は郵送やネットなど、学校により様々ですが、東京・神奈川の学校は、今でも窓口出願のみという学校も少なくありません。
窓口出願のいいところは、もし書類に不備があっても、その場で訂正でき、受験票をすぐに返してもらえるところです。
が、早い受験番号をもらおうと思ったら、当然ながら並ばなくてはなりません。
徹夜で並んだりというトラブル回避のため、いまは郵送受付のみという学校が増えています。

ひと昔、いやふた昔前の私の中学受験では、窓口出願が大半だったと思います。
私は、いまでも当時の受験番号を覚えています。
受験間近になると、塾のクラスで、各々の受験校の「受験番号何番だった?」というのが話題になりました。

塾の同じクラスに、親が徹夜して並んでくれて、「7番」という受験番号の男の子がいました。
私は、「396番」でした。
(私は女子校を受験したので、彼とは違う学校ですが・・・)
両親には大変失礼ですが、気合いの感じられないその番号に、少しがっかりしたのを覚えています。
うちの母は、昭和の典型的な専業主婦なので、徹夜で並ばなくても朝一番で提出できたのでないか、と思ったりしましたが、いろいろ事情があったのかもしれません。

なぜか、当時というか、私の周りでは、”3で割り切れる番号(=3の倍数)なら合格する”という、何の根拠もない噂があり、ホッとしたのも覚えています。

さて、自分の経験を踏まえて、我が子の出願では、無理のない範囲で早い番号をとろうと考えていました。
幸い、主人も協力的で、主人が願書を出しにいってくれることになりました。
うちのご主人さま、超多忙を極めておりますが、いつも肝心なところはおさえてくれるんです。

前日は、東京の弟宅に前泊。
当日の始発の電車で、窓口へ。
受付開始は9時です。
5時半から9時まで、寒い中、並んで待つのはキツイなぁ、と心配していたら、中学校の受付の先生は整理券を配布して下さり、8時15分までに戻って来て下さいとのこと。
それに控室まで用意してあったそうです。

おかげさまで、30番台の番号をゲット!!
長女の時と、ほぼ同じ番号でした。
主人に感謝感謝です。

長女の通う学校が、次女の第一志望校なのですが、試験終了後、面接があるんです。
しかも保護者同伴面接です(>_<)
早い番号の方が、面接の待ち時間が少なくてすむんです。
面接でも、一番早い時間のグループに入れました。

朝5時半にいっても30番台ってことは、1番の人はいったい何時に行ったんだろう?
それに合わせて出勤する、中学校の受付担当の方も大変ですよね~
また、1番は合格しにくいというジンクスもあるんだとか。

とにもかくにも、無事に願書を提出し終え、親としての準備はすべて終了。
あと10日間、体調を整え、2月1日に臨むのみ・・・

あぁ、早く終わってほしい~!!
[PR]
by tsuka-leea | 2014-01-21 11:23 | 子どものこと

埼玉入試を終えて

またまたご無沙汰しちゃいました(>_<)

前回記事の受験結果を心配して下さった方がいらしたら、報告遅くなってすみません。。。

うちの次女、おかげさまで、とりあえず埼玉入試の合格を頂くことができました。

この埼玉のS中学は、1回目の受験には、男女合わせて、なんと5051人が受験しました。
(前回記事には4000人と書きましたが、HPで確認しました)
5000人って、ものすごい数です。

駅の混雑ぶりは、前回書いた通りで、受験終了後に、子どもと合流するのもこれまた大変でした。
もちろん、受験番号順には出てくるのですが、中には、保護者を見つけられない受験生も何人かいました。

長女の時は、このようなマンモス校の受験はしませんでしたが、この手の話は、ネット等で知っていたので、私は目立つターコイズブルー色のコートを着ていったんです。
この作戦は大成功で、黒やグレーのコートを着ている保護者が多い中で、目立つことができ、娘とスムーズに合流できました。
この日は、その時点でこの冬一番の寒さで風が強く、外で待っているのは辛かったです。
他の保護者も、コートのフードをかぶって、風に耐えて、自分の子供がでてくるのを待っていました。

最寄駅へ向かうまでも、大混雑。
娘は比較的早い受験番号でしたが、あとからあとから受験生が出てくるので、急いで駅へ向かいました。

大宮駅で新幹線に乗り換えるため降りると、ここにも、受験生の親子連ればかり。
お昼を食べるにも、どこもかしこも並んでいます。
大宮駅は馴染みがないので、私もよくわからず、エキナカのカフェにさっと入り、幸い待たずにすぐ食べることができました。

宇都宮まで新幹線で戻り、塾に顔を出し、塾の授業は休んで、自宅に帰りました。

面接はないものの、やっぱり一日がかりになってしまい、私は付き添いだけなのに、疲れちゃいました~
本人はさぞ疲れたことでしょう。

そして、当日の22時にネットで、合格発表。
いくら面接がないとはいえ、5000枚の答案の採点をこの時間までに終わらせるのも、驚異的ですよね。。。
昨年より受験生が増えたせいか、1時間遅れの23時に発表とHPに掲載されました。
我が家では、ネット発表は、初めての経験。
いよいよ23時になり、ネットにアクセスするも、全然つながりません。
そりゃそうよね、5000人の受験生が、一斉にアクセスするんだから、そう簡単にはつながらない。
娘も結果が気になるものの、翌日も入試で5時半起きなので、早く寝なくちゃいけないし。。。
とにかく、本人は眠れなくても、布団に寝かせ、結果がわかったら、伝えることにしました。

主人もスマホでアクセス。
でも、どちらもつながらず、パソコンの前で格闘すること、20分。。。
ようやく確認することができました。
本人も相当疲れていたようで眠っていて、一応起こして伝えたけど、ちゃんと伝わったかどうかわからないような状態でした。

部外者の方にはわかりにくいのですが、このS中学は、入学時点で、コースが「難関大クラス」「東大選抜クラス」に分かれていています。
この入試は、まず「難関大クラス」合格があり、さらに成績上位者は「東大選抜クラス」として合格になるんです。
次女は、「難関大クラス」には合格したものの、「東大選抜クラス」には合格できませんでした。

翌日は、東大選抜コースの入試。
こちらは、合格者は全員授業料免除の特待生での合格になります。
授業料免除なんて、親にとってはなんて魅力的(^^♪
なので、前日の入試より、ぐっとレベルが上がります。
男子は開成、女子は桜陰を受けるようなハイレベルの子たちが、小手試しで受験してきます。

2日目の受験生は、男女合わせて2585名。
前日の5000人に比べれば、随分混雑は緩和されたように感じました。
前日に引き続いて受験している生徒がほとんどだったので、すべてがスムーズでした。

このS中学は、全部で5回入試があります。
全5回の出願者は、10931人(1月17日現在)です。
「この受験料収入だけでもすごいね~」と帰り道で話していたところ、「みんな電車で来るんだから、JRの売り上げにも貢献しているし、帰りはお昼食べるから、地元の経済効果もすごいよね」という返事に、次女もそんな考え方ができるようになったのか、、、と妙なところで感心してしまいました。

こちらの結果は、”残念”。
(中学入試では、ブログや会話では、不合格では、”残念”という表現を使うことが多いようです)
本人も、想定内だったようで、それほど落ち込んでいませんでした。
ネットには、一発でつながりました。

2,3日後に、S中学から、入試結果が送られてきました。
この中学は、得点を開示してくれるという大きな利点があります。

2日目の東大選抜特待生入試では、遠く及ばない点数でした。
ただ、1日目の入試は、あと3点で東大選抜コース合格という点数でした。

5000人も受験するんだから、1点違えば、大きく順位は下がります。

次女は、とにかくケアレスミスが多いんです。
+を×で計算したり、単位を間違えたり、計算はあっているのに解答用紙に書くときに違う答えを書き写したり、「正しいもの」を選べなのに、「間違っているもの」を選んだり・・・
よくもまあ、いろんなパターンで間違えるものかと感心してしまうほど(>_<)

これらの”うっかりミス”は、5年生の時からで、塾の先生との面談で相談した際、「うっかりミスはなかなか直りませんから・・」といわれ、「そんなことないはず」と思っていましたが、さすがは塾の先生。
次女の性格を見抜いていたようで、1年以上たっても、全然直りません(-"-)

あと3点ってことは、あと1問だったかもしれない。
1点の重みを肝に銘じて、第一志望の受験に臨んでほしいと、母は切に願っております~
[PR]
by tsuka-leea | 2014-01-20 15:50 | 子どものこと

いざ、出陣!!

おはようございます(*´∀`)

つい先ほど、次女を入試へ送り出しました。

茂木から車で往復2時間かけて、宇都宮の進学塾に通いはじめたのは、4年生の夏休みから。

いよいよ中学入試本番を迎えました。

今日は、埼玉入試。
埼玉だと遠いけれど宇都宮から通学圏内なので、娘の通う塾からも多くの生徒が受験に臨んでいます。

1月の埼玉入試は、2月1日の東京入試の前哨戦という位置付けで、かなり遠方から多くの受験生が集まります。

娘が受験しているこの中学校の受験者数は、何と4000人です!
さすがに、受験会場は3ヶ所に分かれていますが、付き添いの保護者を合わせると8000人。
その大半が、同じ時間に集中するのだから、最寄り駅の混雑は凄まじいものでした。

集合時間は9:10と遅めで、通勤ラッシュは避けているものの、この時間帯に鉢合わせた一般の方々は、本当にお気の毒です(。>д<)

駅から学校までは、所々に警備員が配置されていて、学校側も4000人の受験生を受け入れるの大変だろうな…と。

体育館が保護者控え室なのですが、ここもぎっしりで、見渡す限り満席どころか、立ち見や通路や床に座っている保護者も多数。

さあ、はじまりのチャイムが鳴りました。

落ち着いて、いつも通りにできますように…
[PR]
by tsuka-leea | 2014-01-10 08:48 | 子どものこと
報告遅れましたが、12月8日に、第6回合不合判定テストを受けてきました。
今回の会場は、渋谷にある共学校です。

しかも、今回は主人が付き添いだったんです。
たまたま前日に仕事で都内にいたので、お願いしました。
うちの主人は、模試の付き添いは初めてだし、いわゆる学校説明会に参加したこともありません。
合不合では、子供が試験受けている間に、主催の四谷大塚からと、会場になっている中学校からの説明会があります。
私が聞いて主人に伝えるより、直接聞いてくれた方が説得力があるので、いい機会になりました。
入試直前期の親のサポート、声かけ、重要です!

3年前の長女の時に比べ、模試の付き添いや学校説明会など、父親の出席率が増えたように感じます。
両親揃ってというケースも珍しくありません。
それだけ、子供の進学に父親も関心があるんでしょうね。

さて、結果ですが、ようやく少し安心できました。
次女は4月の1回目が一番成績がよく、回を追うごとに成績が下がっていたんです。。。
塾の先生からも「80%合格圏内にいなくても、だんだん成績が上がっていれば問題ない。一番心配なのは、右肩下がりで徐々に成績が落ち込んでいる生徒だ。」と聞いていたので、親としては焦っていました。

本人に必要以上に不安感を与えてもいけないし、かといって危機感もってくれないと困るし、、、
声かけもむずかしい(>_<)

本人もこのままではいけないという自覚はあったようで、”受験まであと100日”の頃から、朝30分早起きして勉強するようになりました。
計算や漢字、社会・理科の基礎ドリルなどです。

11月の第5回で、ようやく少し向上し、12月の最後の合不合では、全6回の中で一番いい成績がでました。
朝勉が結果につながり、本人もようやくホッとした様子。
しかし、油断は禁物!

もうこれで、模試はすべて終了。
うちは1月の週テストは受けないので、週テストも残すところ1回。

年が明け、冬期講習が終わると、すぐ1月入試です。
先週、願書を郵送し、受験票が返送されてきました。
早速、仏壇へ。
やっぱり、ここまでくると神頼みになっちゃいますね~

さあ、埼玉の1月入試までもう少し。
がんばれ~!!
[PR]
by tsuka-leea | 2013-12-17 18:31 | 子どものこと

第5回合不合判定テスト

今日は、第5回合不合判定テストです。
今回は、池袋にある女子校で受験しています。

d0277856_11585732.jpg


当日は、朝8時20分集合なので、前日から東京入りです。
朝早いし、車での移動ではないので、コートを持ってきたのですが、東京は暖かいですね~
栃木とは寒さが全然違います(^^;)))

娘の第一志望校は、面接があります。
なので、入試当日は、普段着というわけにはいかず、面接に相応しい服装でいかなければなりません。

うちの次女は、ボーイッシュで、スカートは大っ嫌いなんです( ノД`)…

スカート履き慣れておかないと本番スースーして落ち着かないと思うので、今日の模試は本番と同じ服装で臨んでいます。
リボンのついたブラウスに、紺ブレ、チェックのスカート。
見た目はバッチリなんですが、当の本人はイヤでイヤで仕方ない様子。
ギリギリまでリボンをつけず、ブツブツ文句をいいっぱなし(# ̄З ̄)

そこでパフニングが…

面接仕様の服装なので、いつもの運動靴というわけにはいかず、おろしたてのローファーを履いていきました。

来春、晴れて中学生になった時にあうよう、ワンサイズ大きめで中敷きを入れています。

最寄り駅に向かう途中で、「足が痛い…」。
って、まだ2,3分しか歩いてないんですけどΣ(ノд<)
駅に着くと、「皮剥けた…」と足を引きずっています。。。

すぐバンドエイド貼りましたが、試験前に動揺していては、まずい(-_-;)

励ましの声かけたけど、大丈夫かな~

だけど、これが入試当日でなくてよかった~

準備が不十分だったと、反省です。

実は、今朝は地震もあって、多少電車も遅れたんです。
不測の事態に備えは、重要ですね。
[PR]
by tsuka-leea | 2013-11-10 11:24 | 子どものこと

第4回合不合判定テスト

今日は、次女の模試です。

首都圏の中学受験する方なら、誰もがご存じの、四谷大塚主催の「合不合判定テスト」。

今年から、合不合予備というのがなくなり、4月のテストが1回目で、10月は第4回目。

d0277856_11375975.jpg



今朝は、朝6時前に栃木の自宅を出て、埼玉県にある某私立中学での受験です。

子どもたちが模試を受けている間は、保護者は説明会に参加します。

前半は、塾主催の説明。
今回のテーマは、「併願作戦のポイント」と「あと100日の過ごし方」。
2月1日の第一志望校受験まで、あと100日…と聞くと、ものすごく焦りますΣ(゜Д゜)

今年は次女の受験で、3年前に長女の受験を経験しているので、多少は穏やかでいられますが…
でもでも、本人はもちろん、親も不安でいっぱい(。>д<)

説明会の後半は、会場になっている中学校の入試説明会です。
いろんな学校の説明会にいっていますが、どの学校もそれぞれに特徴がありますね~

埼玉入試までは、あと88日!
もう直前期に入ってる…

今年は、早めにインフルエンザの予防接種しなくちゃ~
[PR]
by tsuka-leea | 2013-10-13 11:19 | 子どものこと

仕事をしながら、育児をしながら、家事をしながら、自分のことも大切にしたい。日々の生活にキらりと光る輝きを模索しています。


by tsukari