<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

料理教室 2013年8月

またまた、ずいぶんとご無沙汰いたしました(^_^;)

日本中の”お母さん”がそうだと思いますが、夏休みは自分のペースで動けませんよね~

もうすぐ来月のレッスンだというのに、今頃8月の料理教室の記事です・・・

まずは、全体の様子。
d0277856_20335885.jpg


毎回、テーブルコーディネートが素敵です♪

今回のメニューは、
・焼きなすとアンチョビの冷製パスタ
・ラタトゥーユ
・じゃがいもとかぼちゃのニョッキ
・ヨーグルトときゅうりの冷たいスープ

d0277856_2035635.jpg


写真だと色が暗くなってしまいましたが、落ちついた濃紺のナプキンで、キャンドルに見たてて折ってあります。
ね、おしゃれでしょ?

d0277856_20345730.jpg


クロスも素敵で、夏らしいレース柄です♪

先生はいつも、お料理にあったデザートを用意して下さいます。
今回は、先生のお宅のキッチンのリフォーム直後のレッスンでした。
流しのコンロも使えない状態なのに、先生は私たちのために、今回もおいしいスイーツを作って下さいました。

d0277856_20351788.jpg


自家製のベリーが入ったジェラート!!
ほどよい酸味で、おいしかった(^-^)

今回も、ごちそうさまでした(^^♪
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-30 20:54 | 料理教室

カナダから無事帰国

もう随分前のことですが、、、長女は、無事にカナダから帰国しました。

出発の様子はこちら → 
d0277856_1516719.jpg


成田空港の到着ロビーに、保護者がカメラを構えて出迎えていたので、生徒たちは「芸能人みたいで、照れくさかった~」と嬉しそうに帰ってきました。

出発してから12日間、一切音沙汰なし。
10泊すべてホームステイで、うまくやっているのか、すごーく心配していました。

「どうだった?」と聞いてみると、「楽しかった♪  日本に帰りたくなかった~」と第一声。
心配していたのは親ばかりで、本人は十分楽しめた様子。

ホストファミリーは、バンクーバー郊外のアボッツフォードに住むブルーベリー農家で、パパさんはジェームスボンド似でカッコよく、ママさんの料理はおいしかったそう。

12歳・10歳の女の子はとっても背が高く、5歳の男の子はけん玉を気に入ってくれたそうです。

ホストファミリーの敷地内に牛もいて、とにかくいろんなものが"広かった"という印象みたい。

d0277856_1534649.jpg


左が10歳の女の子がプレゼントしてくれたネックレス。
右が娘が作ったカナディアンクラフトです。

お土産はこんな感じ。

d0277856_213860.jpg


「買い物旅行ではありません」と学校側から念を押され、お小遣いはたいして持っていけなかった中、いろいろ買ってきました。

d0277856_1539359.jpg


これは、娘が自分用に買ったキャップ。
娘曰く、この"YOLO"のロゴをよく見かけたとのこと。

何の略?

"よろしく"の"よろ"?

なわけないし、調べて見ると、、、

"You Only Live Once."
→ 人生は一度だけ いまを生きよう
という意味だそうです。

カナダで流行っているのかな~?

とにかく無事に帰ってきて、安心しました(*´∀`)
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-21 15:51 | 子どものこと

お盆 2013年

一般的に、「お盆」というと、帰省とか休暇とか、なんとなくのんびりしたイメージですよね。
私も、地元で「お盆は実家に帰るんでしょ?」と聞かれますが、嫁に来てから、お盆に時期に実家へ帰ったことはありません。

長男の嫁としては、「お盆」はまさに年中行事。


d0277856_1456164.jpg


我が家のお飾りはこんな感じです。

d0277856_1458719.jpg


実家では、きゅうりの馬となすの牛を飾る程度で、お盆の用意というのがこれほど大変なものとは全く知りませんでした。


d0277856_14584136.jpg



このお飾りも、茂木町特有のものかと思っていたら、そうでもないようで、我が家では、ほおずき・そうめん・わかめ・いんげんを半紙で包み、仏壇の上部から吊るします。

そして、蓮如上人の掛け軸を飾ります。

d0277856_14585326.jpg



d0277856_14592513.jpg


”蓮如上人”の文字見えるでしょうか?
「この掛け軸は貴重なものだから、お盆の時にだして、家族皆で拝みなさい」という先々代からの言い伝えのようです。

お墓へお迎えに行く時は、提灯をもっていきます。

d0277856_14594340.jpg



d0277856_150919.jpg



父・父の弟・主人・息子の男子でお迎えにいくのですが、提灯以外に持っていくものが。


これ、なんの葉っぱ?

d0277856_1503022.jpg


よく絵本で、かえるさんが傘に使っていますよね~
サトイモの葉です。

d0277856_1504460.jpg


この葉に、なすといんげんを刻んだものを包みます。

d0277856_1504882.jpg


d0277856_151204.jpg


墓前にお供えします。

d0277856_1512321.jpg



お彼岸の記事にも書きましたが、うちには、大小あわせて8基のお墓があります。
お供えもお花も8基分。

d0277856_1514122.jpg


お花好きな方は、こういう作業はウキウキするんだろうけど、私はセンスがなく、どうも苦手。


d0277856_1521942.jpg


蚊がいるので、昔懐かしい蚊取り線香をたいての作業です。
奥に見えるひばの葉は、仏壇のお飾りに使います。
まこもの上に敷くのですが、これも茂木町特有ではなく、うちだけの習わしのようです。

お迎えの13日のお膳は、そうめんにごまだれ、煮物、きゅうりの酢の物、お新香と決まっています。
14日以降も、朝・昼・晩と精進料理のお膳をお供えします。
以前は4膳分だったのですが、祖父の新盆以降は2膳分に。

そして、お送りの16日の朝は、13個のおだんごと、天ぷらです。

d0277856_153756.jpg


d0277856_1533077.jpg


なぜ、天ぷらなのかしら?
これもうちだけ?
嫁に来た当初は、お供えだけでなく、家族の分も揚げていたのですが、さすがに朝からてんぷらって食べれないですよね~
なので、最近はお供えの分だけ揚げています。
16日の朝のお膳は、おつぼにはふたをして、ごはん・味噌汁・天ぷら・お新香だけなんです。

そして、お盆期間中は、不定期にお客様がいらっしゃいます。
最近はお客様の数も少なくなりましたが、親戚の方や元従業員さんなどなど。

主人や父も新盆まわり等に出掛けますが、私的な予定は入れられないので、この4日間は、朝・昼・晩と家族9人全員の食事の用意もあります。
って、当たり前のことなんだけど、お膳・来客・食事の用意と、一日中台所に立っているような・・・

みなさまは、どんなお盆を過ごされましたか?
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-17 14:55 | 日々のこと

夏期巡回ラジオ体操

本日、「平成25年度 夏期巡回 ラジオ体操 みんなの体操会」に参加してきました。

会場は、茂木町並松運動公園です。

朝6時集合で、6時半から、ラジオNHK第一で、10分間の生放送。
拍手のタイミングや、ラジオ体操の歌を練習して、さぁ本番。

d0277856_16172614.jpg


気温は24℃で、さわやかな朝でした♪

栃木のゆるキャラ・とちまるくんも来ていました(*´∀`)

d0277856_16192549.jpg


近くでみると、まんまるのお顔が大きくて、びっくり!!

今朝は、1800人も参加していたそうです。
ピアノは、小学校から運んだとのこと。。

参加記念品は、こちら。

d0277856_16232233.jpg


いろいろ頂いてきました♪

その中に、"もて水"という茂木町の水道水が…

d0277856_1625336.jpg


温泉水をミネラルウォーターとして販売している弊社としては、気になるところ。。

d0277856_16262211.jpg


ラベルをよく見ると、茂木町の特産品に「はとむぎ」と書いてあります!


主催者のみなさま、役場のみなさま、お世話になりましたm(__)m

久しぶりに、真面目にラジオ体操やってきました(*^^*)
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-14 16:11 | 日々のこと

今からラジオ体操♪

これから、朝6時半から、ラジオ体操生放送です。

いまリハーサル中♪

d0277856_6202986.jpg

[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-14 06:18 | 日々のこと
つい先日、長女の同級生のお母さんが、天国へ旅立って行きました。

彼女は、いわゆる"ママ友"で、私と同年代です。

長女は都内の中学に進学したので、近頃は会う機会はかなり減っていましたが、中3のお嬢さんとは、保育園から一緒でした。

すい臓ガンで、余命一年宣告を受けていたそうです。

調べてみると、すい臓ガンって、自覚症状も少なく、早期発見が難しいうえ、すい臓自体が小さい臓器なので、他に転移しやすいそうです。
発見した時には、すでに進行ガンというケースが多く、彼女もすでに手術ができない状態だったそうです。

彼女のお宅は、数年前に新築したばかり。
そのベランダから、祇園祭の花火がきれいに見えて、彼女はそれを眺めるのが好きだったそう。

7月末の祇園祭に、彼女は無理をおして、一時退院して、家族揃って花火を楽しんだとのこと。

彼女の訃報が届いたのは、その花火から、たった10日足らず…

一時退院は、末期ガンに蝕まれた体にとっては、相当な負担だったはず。
でも、彼女は一言も「つらい」とか「痛い」と言わなかったそうです。
最愛の家族と自宅で過ごす最期のひとときになるかもしれないと、覚悟していたのでしょうか…

彼女には、高3の息子さんと、中3の娘さんがいます。
「卒業式までは見届けたい」と頑張っていたのに、それは叶わず、旅立っていきました。

子どもたちを残して逝くことは、どれだけ辛いことか…
娘たちに伝えたかったこと、教えておきたかったこと、たくさんあっただろうに…

彼女の無念を思うと、涙がとまりませんでした。
もし、私だったら、自由のきかない体で、余命一年と宣告されたら、主人や子どもたちに何をしてあげられるだろうか…

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

母である私たち、つい自分のことはおろそかにしてしまいがち。
子どもが熱を出したらすぐに病院に行くけど、自分の不調は我慢しちゃいます。

自分の体も、大事にしてあげなくちゃね!
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-11 13:25 | 報告

祇園祭 2013年

もう立秋も過ぎたというのに、ようやく今年の祇園祭の報告です。

d0277856_11163522.jpg



祇園祭は、男性陣も女性陣も、とにかくみな忙しい。
嫁としても、来客が多く、お正月よりも忙しく、一年で一番の正念場といった感じ。

主人の亡き祖父が、八雲神社の総代会長を永く務めていたので、我が家と神社の関係は密接です。

各町内の休憩所は公民館が多い中、我が下横町の休憩所は、うちです。
商店とはいえ、個人宅なので、それなりに準備も大変です。
一日目の午後と、二日目の夜にいらっしゃいます。

お赤飯の件は、前回の記事でご紹介済み。
二階の床の間を、お祭り仕様に飾りつけ、宮司さんに祝詞をあげて頂きます。
12名程度の方々が上がられるので、お茶・おしぼり・お茶菓子を用意して、涼んで頂きます。

その頃、店前では、お神輿と山車の担ぎ手さんたちに、麦茶をふるまいます。

この麦茶は、お赤飯を炊き終わった釜で、大きなバケツ3杯分煮出します。
それだけの量を冷やすのが、これまたひと苦労。

この麦茶、甘いんです。
これが、「懐かしい~!」と評判いいんです。
うちでも、普段は甘くしませんが、祇園祭の時だけ、甘い麦茶を用意します。
味付けは義母で、この絶妙な加減が、疲れた担ぎ手さんたちにちょうどいいようです。

麦茶は、その日の天候によって減り具合が全然違います。
うちの従業員さんや、子どもたち・姪っ子たちも手伝ってくれるのですが、暑い日は、いくら手があっても、湯のみを洗うのが間に合わないくらい、あっという間になくなっちゃいます。
麦茶が足らなくなって、薄めたことも…
逆に、涼しい時は、余ってしまいます。

汗だくになったお神輿の担ぎ手さんたちから、群がるように麦茶のある縁台に手が伸びるので、殺気を感じるくらいです。

d0277856_1137334.jpg


この弊社前の写真は、二日目の写真で、もうお茶出しも終わったところ。
さすがに、私も接客中は写真は取れず…

主人は、町内の総代を務めているので、裃を着てお神輿と一緒に歩いています。
途中、揃いの浴衣に着替えて山車をひいたり、お囃子に参加したり。
主人の父は、「木頭」という山車引きのまとめ役で、拍子木を持って、号令をかけています。

娘3人は、残念ながら、塾等で参加できず(。>д<)
息子は、今年初めてお囃子デビュー♪
山車に乗って、太鼓をはたきました。

義母と私は、台所でてんやわんや(^_^;
茂木町の一大イベントである祇園祭には、どのお宅でも、親戚一同が集まります。
今年は、料理教室で習ったものも作りました♪

今年も無事に終わり、ホッとしました(*´∀`)

来年は、当番町内で、しかも主人が行司長だとか…
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-08 11:08 | 日々のこと

釜戸 de お赤飯

7月末の「祇園祭ふるさともてぎ夏まつり」のこと。

うちでは、この祇園祭の時、釜戸でお赤飯を炊きます。

嫁に来た当初は、茂木ではどこの家庭でもこうして釜戸でお赤飯を炊くものだと思っていたら、どうやらそうでもないらしい…

以前は三升(=30合、約4.5kg)炊いていました。
今年は、長女もカナダ研修、次女・三女も夏期講習で不在、姪っ子たちも遅れてくるというので、かなり量を減らして、2kgにしました。

d0277856_9221192.jpg


火を起こすまでに、約30分。
冬の餅つきは、主人がやってくれるのですが、祇園祭のお赤飯は、全然手伝ってくれないのです(>_<)

2kgのもち米は、このくらい。

d0277856_9261893.jpg


前の日の朝からといで、一昼夜水につけます。
ささげは、前日の夜にゆでて、茹で汁をもち米に浸します。

30~40分たったら、炊き具合を確認します。
下の方がやわらかく、上の方が固いので、軽くまぜて、柄杓一杯分程度の差し水をします。

d0277856_9353245.jpg


10分くらいで、炊き上がり♪

d0277856_937277.jpg


と、嫁に来た時、義母から教えて頂きました。
火加減や、米の量で変わって来るので、あくまで目安です。

釜戸でお赤飯炊くのも、今年で16回目。
そのわりに、全然上手くなりません…
一年に一回というのは、だめですね(。>д<)

お赤飯をお供えします。

d0277856_9413250.jpg


八雲神社の掛け軸は、この日だけ飾ります。

お神輿と山車が、町内を練り歩く際、我が家がうちの町内の休憩所になっています。

宮司さんや、総代さんなど、12名程度の方々が、ここにいらっしゃいます。

d0277856_9463520.jpg


私は、その接待係。


今年は、夏期講習が次女が9~18時、三女が13~18時なので、宇都宮まで一日三往復なんです。

祇園祭の両日とも夏期講習はあり、この日はみんな忙しいので、この日は私が三往復の送迎係。

塾弁もお赤飯です。

d0277856_9525027.jpg


お弁当を用意して、朝7時50分。
9時からの塾にまにあうよう、送って行きます。

この日は、朝早くから忙しかった~( ノД`)…
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-08 09:11 | 日々のこと

あいたたた 再び(>_<)

獨協大学病院の救急外来にいってきました(。>д<)

また、長男が頭をぶつけ、おでこを3センチくらい切ってしまいました…

日曜日の午後、珍しく主人と二人で買い物に出掛けていたんです。
いつもは、子どもたちと一緒に出かけるんですが、小6の次女と小5の三女は宿題がたまっているので、自宅に置いていくことに。
小2の長男は、一緒に行こうと誘ったけど、「お姉ちゃんたちがいるから、待ってる」という返事。

買い物してる途中、娘から電話が。
「弟が頭ぶつけて、すごい血が出てる!!」
「え”ー!!」
家の中で、飛び降りた際に、テーブルの角にぶつけたらしい(×_×)

電話の向こうで、息子の泣き声が…

現場を見ていないので、よけい心配( ノД`)…

子どもたちを置いてきたといっても、うちにおじいちゃんとおばあちゃんがいます。
すぐに獨協の救急外来に車で送ってもらいました。

ひやひやしながら入口で待っていると、意外に落ち着いた様子で、車から降りてきました。

すぐに形成外科の先生が対応して下さいました。
「キズがぱっくり開いているので、縫います」とのこと。

うちの息子、おでこを縫うのは、これで2回目。
2歳の時に、やはり救急の時間帯に(>_<)

当時は縫う時、大泣きしていましたが、今回は5針縫ったのに、麻酔の時も泣きませんでした。
「成長したなぁ~」と、こんなところでしみじみ…

d0277856_173639.jpg


それにしても、男の子って、いろいろやってくれますね~

しかも私の外出時に…
大したことなくてよかったけど(。>д<)

息子がおでこを切った時、うちに親戚のお客様がいらしていたんです。。
びっくりさせてしまって、すみませんでしたm(__)m
[PR]
by tsuka-leea | 2013-08-05 00:40 | 子どものこと

仕事をしながら、育児をしながら、家事をしながら、自分のことも大切にしたい。日々の生活にキらりと光る輝きを模索しています。


by tsukari