カテゴリ:仕事( 1 )

米検査 2013年

秋といえば、何を連想しますか?

”読書の秋”、”スポーツの秋”、”食欲の秋”、”実りの秋”、などなど。。。

秋って、何をするにもいい季節で、何かと行事やイベントも多いですよね~

弊社では、秋はなんといっても、”収穫の秋”です!
周りの田んぼは、稲穂が垂れ、黄金のじゅうたんで、まさに日本の里山の情景になります。

”出来秋”という言葉があるのですが、お盆明けから準備に入り、9月に入ると農家さんは一斉に大忙し。
米の収穫がはじまります。
早稲の品種の「ひとめぼれ」からはじまり、「コシヒカリ」、そして栃木では晩稲の品種で「あさひの夢」を作っている方が多いです。

弊社では、米の等級検査を行っております。
主人が農産物検査員で、1等・2等・3等と格付けしていきます。

弊社の男性陣も大忙し。
事務職の男性も、この時期は集荷のお手伝いをしてくれます。

週に1~2回の頻度で、倉庫にこもって、ホコリにまみれながら仕事します。

倉庫も米でいっぱいです。

d0277856_1353142.jpg


これは、”フレコン”という、1t袋です。
d0277856_13533584.jpg


米検査の様子は、こちらにも詳しく紹介してあります。 → 

毎年、米検査をしながら実感するのは、”季節のうつりかわり”です。
9月初旬の1回目の検査は、まだ夏のよう。
屋外での作業なので、「日に焼ける~」と汗をかきながらの作業です。
今年は10月中旬でも30℃の真夏日もありましたが、だんだん涼しくなり、秋へ。
次回の検査は、フリース着て、首にマフラー巻いて、しっかり防寒して、まさに冬支度での作業です。

こうして、完全に米検査が終わるころには、もう師走になり、年の瀬を迎え、これまた慌ただしくなります(>_<)

農家のみなさま、今年もおいしいお米をありがとうございましたヾ(●´▽`●)ノ彡☆
[PR]
by tsuka-leea | 2013-11-06 14:25 | 仕事

仕事をしながら、育児をしながら、家事をしながら、自分のことも大切にしたい。日々の生活にキらりと光る輝きを模索しています。


by tsukari